IS6FXの公式サイトはこちら

IS6FX取引ガイドラインとは。違反するとどうなる?

IS6FXガイドライン

IS6FXに限らず、FX業者には必ず取引ガイドラインというものがあります。
悪気はなくてもガイドライン違反をしている場合もあるので知っといて損はないでしょう。

この記事では、IS6FXのガイドラインについて書きます。
また、ガイドライン違反しそうなものをピックアップしするのでぜひ読んでみてください。

リサ

ガイドライン違反は最悪、口座凍結もあり得るので注意しましょう

IS6FXの禁止事項とは。

IS6FX禁止事項
・口座名義人以外の者が利用すること
・複数名で1つの口座を利用すること
・実在しない利用者として登録すること
・18歳未満の者が登録すること
・反社会勢力者、前科者、法令違反者及び当社が適宜禁止とする者が登録すること
・被保佐人、被補助人のいずれかであり、申込の際に保佐人もしくは補助人の同意を得ずに登録すること
・申告事項に虚偽の情報を記載・誤記・または意図して記入漏れの状態で登録すること
・同一名義でトレーダーまたはパートナーのアカウントを2つ以上持つこと(ただし当社が特別に認めた場合を除く)
・違法または疑わしい活動をすること
・不当なトレード報酬を得るトレード
・当社判断で不適切とみなすトレード
・複数の業者(もしくは複数のトレーダー)の口座で両建て等のヘッジ取引を行うこと
当社で複数の口座を持ち、両建て等のヘッジ取引を行うこと
・第3者同士が同じタイミングで入金やトレードを繰り返し、同じタイミングで出金すること
・提供サービスやシステムの盲点を狙った悪質とみなすトレード
・経済指標時、アメリカ雇用統計発表時ならびに政府や中央銀行介入など相場が急激に変動するタイミングのみを狙った悪質とみなすトレード
・事前連絡なしの大きなロット数でのトレード
・故意・過失に関わらず、当社の営業を妨害すること
・当社及び委託先企業の著作権その他の権利を侵害すること
・当社または第三者を中傷し名誉を傷つけ、不利益をもたらすこと
・著作権等の知的財産権、肖像権等の人格権、その他法律上の権利ないし保護に値する権利の侵害、あるいは関連する法規に違反すること
・第三者のプライバシーを侵害すること
・消費者の判断に誤解を与える行為、または消費者の判断から好ましくないと当社が判断すること
・反社会行為、法令違反行為及び当社が適宜禁止すること

禁止事項は上記になります。

特に違反者が多そうな禁止事項は

・複数の業者(もしくは複数のトレーダー)の口座で両建て等のヘッジ取引を行うこと
当社で複数の口座を持ち、両建て等のヘッジ取引を行うこと
・提供サービスやシステムの盲点を狙った悪質とみなすトレード
・経済指標時、アメリカ雇用統計発表時ならびに政府や中央銀行介入など相場が急激に変動するタイミングのみを狙った悪質とみなすトレード
・事前連絡なしの大きなロット数でのトレード

この4つかと思います。

IS6FX禁止事項 ①他業者との両建て禁止


IS6FXでは同一口座内での、両建ては許可されています。
両建てについて詳しくはこちらIS6FX両建てIS6FX両建てはできるの?利益を出せるのか徹底開設

複数の業者での両建ては禁止されているようです。
IS6FXでドル円を買って、他の業者で、ドル円を売るといった行為は禁止されていますね。

IS6FX禁止事項 ②システムの盲点を狙った悪質トレード

続いて、システムの盲点を狙った悪質トレードは禁止されています。
システム上の穴を突き悪質に利益を出すようなトレードは禁止なので、悪意を持ってトレードを行わないように注意しましょう。

IS6FX禁止事項 ③相場の急変動時のみを狙ったトレード

雇用統計や大統領選では相場は急激に動く傾向にあります。
その時だけを狙ってトレードすることは避けてください。
このルールはIS6FXだけでなく他業者でもみられますが、日頃からトレードを行っておけば特に問題はないでしょう。

IS6FX禁止事項 ④ 事前連絡なしの大きなロット数でのトレード

これはIS6FX特有のルールかもしれません。
IS6FXでは10ロット以上の取引をするときは事前に運営に連絡する必要があります。

IS6FXはDD方式ですので顧客からの注文を呑んで、カバー取引をする必要があります。
連絡なしに大きな取引をしてしまうと、対応しきれずにIS6FXが損をしてしまうのでしょう。

10ロット以上の取引をする際は事前に連絡してから取引を行うようにしてくださいね。

IS6FXではEAは使えるの?

EAを制限なく使える

IS6FXではEAは制限なく使えます。以下文章はIS6FXの公式サイトより抜粋しました。

取引回数および取引量が多い場合にカバー先金融機関よりお客様保有口座の急激な取引増加に伴うリスクヘッジとお客様の資産保全のために新規取引を予告なく一時もしくは継続して停止になる場合がございます。またEAのロジック(売買戦略)によっても同様の措置が執行される場合がございます。場合によっては当社判断で不適切とみなすトレード行為とみなし、アカウント停止の措置をとらせて頂く場合もございます。

IS6FX 公式サイトより抜粋

EAでの取引やロジックによっては、停止になる場合もあるとのことです。
これは、システムの盲点をついた取引が組み込まれているEAは停止になるということで、普通に使っていれば問題なくEAを使えるでしょう。

IS6FXのレバレッジ変動について

IS6FXは基本口座はレバレッジ1000倍のハイレバレッジを実施しています。
これは基本的には変わりませんが、IS6FXの運営側の裁量により変わることがあります。
主に、相場の変動が激しい時で、私が確認したのは大統領選の時にレバレッジが200倍になっていました。

基本的に変わることはないですけど、稀に変動があると覚えておきましょう。

IS6FXガイドライン。禁止事項のまとめ

ここまでIS6FXの禁止事項について書いていきました。
特段おかしなガイドラインはありませんよね。

悪質なトレードをする気がない人はひっからないと思います。
気をつけるべきでいえば、

・10ロット以上の取引を行う場合は事前に運営に知らせる

ことくらいでしょう。ルールを守って正しくIS6FXで成果を出しましょう。

まだ口座開設をしていない方は無料で取引ができるボーナスもありますので是非開設してみましょう。

口座開設もすごく簡単で3分あれば開設できますよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA