IS6FXの公式サイトはこちら

TECWorldとは?IS6FXを運営する会社概要。

2020年10月12日からサービスを開始している新FXブローカー「IS6FX。」

そもそも、is6comというFXブローカーが「TEC World Group」というITコンサルの会社に買収されたことがきっかけで開始。
TEC World Groupとはどのような会社なのでしょうか?

信頼できる会社なのかを解説していきます。

リサ

is6comを買収する企業ってどんなとこなんだろう。
この記事であなたが得られる情報

・TecworldGroupについて知ることができる
・IS6FXの日本語対応や信頼性について知ることができる。

IS6FX公式サイトはこちらから

TEC World Groupとは?

Nuno Amaral氏が率いるITコンサルティング会社。

ITコンサルティング、経営戦略策定、投資顧問をを主にやっている「TECWorld」
FXブローカーのオペレーティングを行う「TEC Solution」
そして、「IS6FX」
の3つのサービスを柱に事業を展開しています。


TECとは「Tehnology」「Evolution」「Creative」の略称です
技術、進化、創造ですね。かっこ良いです。

CEOのNuno Amaral氏の経歴は?信頼できるの?

TECWorldを率いているNunoAmaral氏とはどのような方なのでしょうか。経歴をご紹介します。

・インターネットセキュリティ事業、ソリューション事業、ホスティング事業のノウハウを生かし、ITコンサルティング&ホールディングス会社にてTECWORLD Ltdを設立

・金融サービスに参入するため、セーシェルに拠点をおくis6comの全運営権を買収する。

・新たにTECワールドグループの参加にライセンスを取得しFXブローカー運営を開始する。

IS6FXを開始するまでの簡単な経歴をまとめましたが、
GMO出身のかなり凄腕のビジネスマンとのこと。
金融とITサービスのエキスパートです。さて、そんなCEOがIS6FXについてコメントを残しています。

CEOメッセージ

加速するフィンテック業界参入のスタートとして、この度FXブローカー事業を買収致しました。
旧is6comの問題点である、サーバー関連問題、出金問題をTECワールドグループの資金力とノウハウで完全に事業再生ができると確信しております。
新FXブローカー「IS6FX」軸に全世界に最高の金融サービスを提供できる事をお約束致します

とのことです。なんとも心強いですね。

つまり、is6comの問題点としてあった

・約定力の低さの改善
・金融ライセンスの取得
・出金の遅さ

を彼の経験と独自のノウハウで解決していくということでしょう。

結論

GMO出身のインターネットのスペシャリストがis6comを買収。
is6comの時の問題を解決して、サービスの向上を目指す

ということですね。

IS6FXの日本語対応は?

さて、そのTEC Worldは日本でのサービスは大丈夫なのでしょうか。
まずは日本語対応についてです。

私は、is6comのユーザーですが、日本語対応は全く問題ありませんでした。買収されただけなので、IS6FXになっても日本語対応については現行の体制が引き継がれることでしょう。
公式ホームページは日本語で作られており、ストレスなく読むことができます。
日本語サポートも優秀で平日なら24時間体制で日本人スタッフが対応してくれるとのことです。

TECWorldGroupまとめ

・ITコンサルと投資顧問とブローカーをする会社
・社長のNunoaramel氏は元GMOでインターネットのスペシャリスト
・本社はセーシェル諸島にある
・10月12日にサービス開始

TECWorldGroupは、ITコンサル事業を主軸に行っていた企業です。
その会社が、新しくFX事業に参入するにあたってis6comを買収しました。本社は金融ライセンスを取ることができるセーシェル諸島にあり、今後金融ライセンスの取得が見込まれます。CEOのNunoarimal氏は元GMOのセクションVCで十分に信頼できる会社であると言えます。

・TecworldGroupの公式HPはこちら
・IS6FXの公式HPはこちら
・IS6FXの評判の記事はこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA